SSブログ
前の10件 | -

今年の桜は早いぞ~! [季節]

Collage 2021-03-31 16_03_12.jpg


2月が過ぎたら急に暑い日が続き、今年の桜は特別に早く咲きそろいました。
毎月1度は更新しようと思っているので、慌ててアップ(笑)

Collage 2021-03-31 15_49_33.jpg


コロナなんてまるで知らないように桜は先始め・・・庭のチューリップも色とりどり。
冬の間殺風景だった庭にどんどん色がついてきました。
この時期になると、気持ちがふわふわして落ち着きません。

Collage 2021-03-31 16_08_27.jpg


世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし  在原業平

この歌の気持ちがしみじみわかります
なんだかいつも浮き立ってしまって、ドキドキも止まらない(笑)
花が咲く季節になるといつもそうです。

Collage 2021-03-31 15_58_42.jpg


近場で桜の写真撮りためました。
いわゆる桜の名所にはあまり行っていませんが、今年はどこも見事。

Collage 2021-03-31 16_11_57.jpg


今年は孫達も近くに来たので、一緒に桜少し楽しめそうです。

Collage 2021-03-31 22_14_43.jpg


Collage 2021-03-31 16_01_22.jpg
 

玄関のセリグラフは、堀文子さんの桜。今年も登場です。
これからは緑が美しい季節。
心ますます踊る季節になります。
コロナで気分もふさぎがちになりますが、外で少し気分転換いたしましょうね。

最後は、妙本寺のシャガの花です

Collage 2021-03-31 15_51_00.jpg


nice!(3)  コメント(2) 

もうすぐ雛祭り [季節]

S__45146122.jpg


寒い寒いと思っていたらいつの間にか梅がほころび
二月も終わろうとしています
慌てて、お雛様を出しました。
三人官女が持っていたもの、いつの間にか紛失(笑)
昨年植えたミモザが花を付けたので、それを持ってもらいました。

Collage 2021-02-26 19_28_11.jpg


今月は娘家族が神戸から横浜へ引っ越ししてきましたので、なにかと
あわただしく、でも楽しみな日が、また始まりました。
まだ慣れない家や土地柄だけれど、徐々に慣れていくでしょう。
それにしても、子供たちの適応力にはびっくりです。

新しい土地で、楽しいことがたくさんありますように。
大変なこともそれも、自分を成長させることですから、家族ひとつになって
乗り越えていってほしいと思います
そのためにはサポート、惜しみません。甘えてほしいと思ってます^^

Collage 2021-02-26 19_36_45.jpg


さてさて、この間たまたま、英語のレッスンの時に、小さな時にどんな遊びが好きだった?
という話が出まして、私はもちろん外遊びが一番好きだったのですけれど、ひとつ
思い出したのが、百人一首。

我が家では、お正月に限らず、よく家族集まると百人一首で遊んだものです。
始めたのはたぶん幼稚園頃から。
一番夢中になったのは小学生から中学生くらいになったころだったでしょうか。
私と姉は互角で、姉は私に負けるとよく泣いた(笑)
私も夢中になって、のぼせるので、よく鼻血まで出した。

むすめふさほせ、、、というのは一枚しかない歌の出だしで、
姉は、む で始まる 
”むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに
きりたちのぼる あきのゆうぐれ””
が得意札で、む、で読まれたた瞬間に私に取られると泣く(笑)

私は、きりぎりす~で始まる歌が大好きでしたね。
映画で、2,3年前に"ちはやぶる"というのがあったのをご存知ですか?
高校生が百人一首の競技をやる、、、という映画。
ご存知の方は、まるでスポーツみたいなスピードと緊張感がある、、、というのを
わかっていただけると思います。

で、今でもたぶん、100首のうち90首くらいは、すらすら覚えています。
意味はうろおぼえでもね(子供だったから、よくわかっていないのです、意味は)
小さい時覚えたものというのは、一生忘れないものですね。

そして、どこかでまたやりたいと思っても、なかなか昔やっていたという人にあえない。
お正月、親戚のうちでもやりまして、私と姉は子供で小さいからと二人で
組まされたのですが、結局大勝しちゃうんです、強いんだもん。(笑)
それぞれのうちで読み方が少しずつ違うのも又面白いところです。

Collage 2021-02-26 19_39_00.jpg


で、最近面白いのをアマゾンで見つけました。
これを英語になおしてあるものでWhack a Wakaというもの。(もちろん日本語の和歌と絵も
書いてあります)
変な英語だったら嫌だなぁと思ったら、これがなかなか良くできていて
日本語で意味が良くわからなかったものも、こちらで読むと逆にわかったり
こんな表現になるんだと、感心したり。
暇な時間に、楽しみができました。

職場が休みの間、思いっきり好きなことができて、結構楽しい。
ただ、つまらないなぁと思って無駄に過ごすのはもったいないから、何か普段できないことを
やれるチャンスと思って特に力を入れたのが英語のレッスン。
zoomにも、だいぶ慣れてきましたし、撮りためた映画もいっぱい英語で見たり。

長い間同じオンラインのサイトで毎日25分の練習を欠かしませんが、最近、とても気の合う
可愛らしくとても優秀な先生に出会い、今はこの先生のレッスンを個人的に
受けています。娘みたいに可愛い。よく何でも知っていてとにかく
頭の回転が速く、若いけれど、珍しく落ち着いた信頼できる先生。そこそこ良い先生は
沢山いますが、これほど良い先生に巡り合えるのはとても稀でラッキーなことです。

で、百人一首にとても興味をもっていたので、先生にプレゼントしようと
もう買ってしまった(笑)
先生がそのうち、日本に来るかもなので、もうしっかり用意してあります。
コロナ、ワクチンが効いて早く日常が戻るとよいですね。

梅が咲いた~と言っている間にもう桜も早く咲くとの予想。
昨年植えた桜の木も芽吹いてきました。
春はすぐそこですね^^


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

人目に晒す・・・Expose

同じような状態がずっと続き、行動も自粛
あちこち行きました。。。などの記事も書くことは差し控える風潮
しかもお家時間がまた増えてきた
何も更新しないでいると、更新の仕方さえ忘れそうなので何かまた書こうかなって
考えたときに浮かんだのがこのに人目に晒す。。。ということ

人の家の中って、なかなか最近訪れることはない。
特にこの時期など敢えて控えていますし。
昔子供が小さい時はお互いの家に行って、一緒にご飯を食べたりとか
ランチに招待とかあったのに、今では外で食べてしまったほうが楽とか、たまには
外に出たいとかで、家に上がることはほとんどなくなってしまった
人を呼ぶと、いつもより少し張り切ってお掃除したりするので
それが良くて敢えて呼んでいた時期もあったのに。

この時期それができないので、そうそう、きれいになった状態を写真に
とっておいてアップするということを始めてみようかと思いました
まずは、食器棚。

S__44425224.jpg


私、お料理は全然苦にならないのと、食器も色々お料理に合わせて出したいので
今は二人にもかかわらず、これは多いかなぁと思いつつ、、、処分できない

これは普段使いの食器

そして、あまり使わないけれど、好きで集めた食器
高いものはないんです、好きということだけで選んでる

S__44425223.jpg


そしてこれも台所の飾り棚。高いところなので普段出しません。

S__44425222.jpg


古い缶が好きで集めていた時があって軽いし、ここに入っています。

後は大皿。
まだ大勢集まるときもあるので、処分できません。

S__44425219.jpg


お料理って、いろいろなお皿で出すと楽しい
今日は、和食だから、藍色系
今日はイタリアンだから、明るくねとか。
最近のヒットは、コストコで買った10色のカラフルボール。
どうだろ?と思ったけれど、これが案外ヘビーローテーション(笑)

処分、しなくてはいけないし、わかっているのに、好きなものは処分しがたい

今の家はもう築32年目
家を建てるときに一番こだわったのが台所とリビングダイニング。
主婦が一番多くの時間を過ごすところなので、ひとりっきりにならない
子供たちやお客様が一緒に台所に立っても、狭くならない
振り向いたら、食器が取れる。。明るい、寒くない。
そんなことにこだわった台所です
実際、うちの中でここで過ごす時間が格段に長い

さてさて,人の目に晒す・・・をやってみて良かったのは客観視できること
写真撮ってアップできるくらいあちこちこれからも綺麗にしていきたいと
今年は意気込んでいますよ~
ただ、大事なのは継続。瞬間技が多いのよね、すぐまた乱れてしまって。
キチンとできるようになるかな、今年は。
これが私のNew year's resolution でした。
皆様の新年の抱負も教えてていただきたいです^^




nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

宮本浩次さんにぐっときた ハレルヤ! [歌]

S__43753486.jpg


宮本浩次さん、ご存知ですか?
エレファントカシマシというバンドのボーカリストの
方ですけれど、この頃ソロとしても活躍していらして、この間はカバーアルバムや独歩
というCDを出しました。

昔から、歌はうまいけれど、この方54歳くらいになられるのにどうしてこういうキャラ?と少々不審(笑)に思って
いたのですけれど、この間、朝イチという番組に出ていて
その人物と歌を知るにつれ…こんなうまい人、他にいるかしら???というくらいハマってしまった

なんていうのだろう、
不思議な動きだし、ちょっと挙動不審にもみえるような
落ち着きのなさなのに、これは、才能や言葉があふれすぎてどうにもコントロールできないのだろうな、ということに気づき、そしてそのピュアな人柄に、もうすっかりやられてしまった・・目が離せないよ、本当に一瞬も。

テレビのドラマの主題歌とかもよく歌っているし
彼の歌を聞いたことがない人は少ないと思うのですけれど
改めて、このパワーあふれた歌声に、、、このごろ
やられてしまって、、、これは、ミヤジ(ニックネームだそうです、彼の)フィーバー?なんだかミヤジトラップにすっかりはまってしまったような(笑)

こんなパワフルな曲もよいけれど、
しっとりした曲も又素敵。
この頃は、女性シンガーの曲もカバーしたのを発売して
岩崎宏美さんのロマンス、それから中島みゆきさんの
化粧なんて、ほんと、悶絶もの(笑)です。

S__43761667.jpg


で熱に浮かれて、歳もすっかり忘れてCDも購入(笑)
ミル・マスカラスが、スカイハイで登場したみたいに
私も出がけにこれをかけて、自分に景気づけ(笑)
してま~す。
興味出てきましたら、ぜひ聞いてみてくださいね。
元気出ること間違いなし!
今年の紅白には、是非、ハレルヤ!歌って、日本中の
人を元気づけてほしい!
https://www.youtube.com/watch?v=bXJwBTECDUI

追伸
残念ながら今年は紅白歌合戦には出場ないみたい。でないなら見ないかも(笑)
一枚目の写真は今年の明月院の写真です

nice!(3)  コメント(0) 

 ちょっとハワイに行ってきた…気分で江の島 シーキャンドルナイト

Collage 2020-11-02 19_39_55.jpg


早くアップしないともうすぐ(11月8日まで)終わってしまうイベントですが
江の島のサミュエル・コッキングの中で素敵なイベント開催中です。
クリスマスの時期には、イルミネーションが有名ですが、今回秋のイベントとして
10000基のキャンドルが、庭園の中を彩っています。
まるで、夢の中にいるよう!

この日は、風もなく、最高の天気でしたが、タワーの横では、ホットワインをいただいたり
できます。
車運転で来られた方は、温かいロイヤルミルクティーがおすすめ。
沢山ホイップが乗っていて、甘すぎず、おいしいです!

のんびり、沈む夕陽を眺め、ひと時まるでハワイに行ったような気分!安上りだ(笑)

Collage 2020-10-28 13_24_14.jpg


しばらく神戸から来ていたオチビさんたちは、地元でいろいろ楽しみ
帰っていきました。
後にはへとへとになったわんこが(笑)残り、ちょっと寂しそうにも見えるけど
ぐったりしていたような(笑)
またおいでね^^

イベントは、お天気によって開催されない日がありますので
必ずインターネットで確認してからいらしてくださいね^^

nice!(3) 

横浜.....いつもワクワクさせてくれる場所へお出かけ [おいしくって幸せ]

パスポートを受け取りに、横浜までお出かけ!
で、ちょうど昨日は41年目の結婚記念日だったので
せっかくなので、ニューグランドでランチをということに
!(^^)!

Collage 2020-10-14 20_17_09.jpg


ホテルニューグランド、とても古いけれど、格式があって
横浜の顔という気がして、いつも入るとシャンと背筋が
伸びる。
温かい色の白い空間が好きだよ~
ショップのあたりも、シーガーディアンの前の廊下も
好き。
ここのバーは、私はお酒が飲めないので未踏の場所。
いつか、ノンアルコールでも良いので一度は行ってみたいと思っている憧れの場所でもあります。

創業は1927年。二階に通じる階段や、ロビーなど
重厚でありながら、とても居心地の良い空間。

チャップリン、イギリス王族、マッカーサーなど、著名人も多く滞在し洋風のホテルとして横浜のランドマークの
位置を当時から確立。
そのクラシカルな雰囲気から映画のロケに使われることも
多く、昔から横浜を知る人にとってはなくてはならない
存在。

ここのナポリタンや、ドリア、プリンはここから日本に広まって人気になったことで有名で、オーダーする方が
とても多いです。
昨日は季節のコースというのをいただき、デザートは
90周年記念のプリンアラモードに変えていただきました。
こういう空間だといつも見慣れた夫の顔も素敵に。。。
とはならないか(笑)
でも、ちょっと二人ともワクワク高揚する気分。
変わったよね、夫
以前だったら絶対考えられない。大衆食堂が好きなんだ
もん、すごく(笑)

Collage 2020-10-14 20_20_34.jpg


ここは、中庭もとても落ち着いていて、訪れるたびに
いいところだなぁ,と感嘆!
二階のロビーにもぜひ足を運んでくださいね
ここから眺める初秋の景色は格別だと思います

食事の後は、目の前の山下公園のバラ園散策。
秋薔薇がこんなに今満開だなんて、予想をしていなかったので、思いがけないご褒美をいただいた感じ。
久しぶりのバラの香りにしばし酔いしれます。

Collage 2020-10-14 20_18_18.jpg


コロナの渦中、思いがけないのんびりとした
平和な時間。
で、改めて、横浜って大人でおしゃれでいいなぁと思ったと同時に41年もよく続いてるなぁと思ったのが実感です(笑)
nice!(2)  コメント(2) 

ついにお出かけしてしまった go to キャンペーンで奥入瀬へ [旅]

Collage 2020-10-04 22_28_16.jpg


旅行、大好きなのにいけない状態が続き、ほんとに
我慢したあげくついに行っちゃったよ
選んだ先は奥入瀬渓流ホテル
そして何がしたかったかというと、十和田湖でリブボートに乗りたかったの。
軍が使っていたボートで最速80キロ出るという。
それに乗って十和田湖疾走よ~♡
お天気は快晴、驚くほど水も綺麗です。

青森は羽田から一時間ちょっと。拍子抜けするほど
近いです。
今回は運転手さん(夫ね)も一緒なので、空港からレンタカーを借りていきました。
星のや奥入瀬渓流ホテルまでは、一時間半ほどの
ドライブです
で、緑、緑、緑、時折紅葉のその自然に圧倒されて
しまい、言葉をしばし失ったほど。
箱根のくねくね道にもちょっと似ているけれど、スケールが違う。広すぎる。すごすぎる(笑)

今回は地元で使えるクーポンもいただいていたので
目いっぱい遊びました。
十和田湖のリブボート、二階建てバスで
渓流の風を感じる、そして、渓流を眺めながらの
渓流テラス朝食。特等席です。
うん、go to のおかげで贅沢させてもらっちゃった。

Collage 2020-10-04 22_26_11.jpg


奥入瀬渓流ホテルは初めてだったけれど、やはり
年月が経って、ちょっと古い感は否めません。でも
星のやさん、やはりいろいろ見せる処は上手です。

食事処はリンゴキッチン。
明るい食事処で、海の幸、お肉、いろいろ。
ここのアップルパイは甘すぎず、お勧めです

夜には、ガイドさんによる、奥入瀬渓流の
説明会もあり、いろいろ教えてくださいます。
十和田湖は山手線と同じくらいの大きさなんですって。
そして、ロビーの暖炉。火が燃えてるのはやはり素敵。
岡本太郎さんのデザイン、圧巻ですね

二日目はとてもお天気に恵まれ、パワースポットである
十和田神社、そして、十和田湖ではボートでしか
いけない、秘密の場所で、お願い事。
渓流沿いももちろん散策。
圧倒的なマイナスイオンの量。
身体の中が浄化されている感じです。

Collage 2020-10-04 22_43_13.jpg


そのあとは、どうしても訪れたかった、十和田現代
美術館へも行ってきました。
ここのカフェのランチ、意外と美味しいのよ。
サンドイッチ、とても凝っています。

大きなおばちゃんに怒られてきました(笑)
孫に写真送ったら、どうしてそんなにおばあちゃん
小さいの。で、どうして怒られてるの?って言われた(笑)
リアルでど迫力ありました。一見の価値ありです!
オノヨーコさんの作品のリンゴの木もありますよ
wishを書いて、リンゴの木にぶらさげてもらいます。

久しぶりのの2泊3日の遠出の旅行。
お相手が、夫で、なんだかな(笑)だけど、文句いいながらもお気楽ではございました。

コロナのせいで、もう夫と出かけることばかり多くなって
いいんだか悪いんだか
一人であえて出かける理由もなくなってしまって、出にくいことこの上ない(笑)
ま、相棒がいてくれて、運転もしてくれるし、よしと
しましょう(笑)

一度行くと癖になってしまいそうな、go to キャンペーン
でももちろん万全の対策をとり、keep distance
こころがけました。
ニューノーマル、うまく付き合っていきましょうね、
これからも。
nice!(2)  コメント(2) 

モネとマティス もう一つの楽園 [美術館]

そろそろ車も動かしておいたほうが良いし、私たちも
どこか、行ってみたいね、の思いが重なって
ちょうど先日、日曜美術館でやっていた”モネとマティス
もう一つの楽園”を見に、箱根のポーラ美術館へ軽い
ドライブがてら行って来ました。

4連休の後ですし、お天気もまずまずと予定したのに
思いがけない台風の影響
でも、そうひどくはなく予定通り朝10時半ごろ到着。
ポーラ美術館、久々の来館です。

19世紀から20世紀にかけてのフランスの混乱した
状況の中で、ここではないどこかへ、、、のあこがれが
文学や美術に現れるようになり、そんな中で生まれたのが
二人の画家のそれぞれの楽園。

今回はマティス、モネの70点の作品に、ポーラ美術館所蔵の印象派の作品も加えたとても充実した展覧会になっています
絵をゆっくり見るの、久しぶり。
印象派の絵、やさしい気持ちになりますし
マティスのリズミカルな明るい色彩はほんとに
気分をあげてくれます。

Collage 2020-09-23 18_02_47.jpg


絵を見た後は、美術館でこの展覧会のテーマに合わせた
フレンチ。珍しく夫がフレンチでよいって(笑)
いつもだったら、どんぶりものとかお寿司、ソバが良い
というのに、これだけずっとどこも行かないで
じっとしている私の気持ちを察してくれたのか、、、フレンチ食べよう
で食べてみたら美味しいって(笑)
私も久々にレストランでゆっくり食事した~って感じで
大満足の一日でした
帰りにはショップで孫のお土産のアートの塗り絵本。

Collage 2020-09-23 18_00_02.jpg


コロナのせいで、なかなか出かけることもなくなりましたが、そろそろ良い季節になったし、少しずつ活動
開始です
やめていた社交ダンスもついに少しずつ練習はじめました
もとにはなかなか戻れませんが、少しずつ、少しずつ
ですね^^

もうすぐ季節もすっかり変わって秋になります
衣替えもしないとね^^

さて、あなたにとって楽園とは?
私はこんな時期、自分のお家をもっともっと居心地よい楽園にしていきたいなと思っています

参考までに
マティスとモネの展覧会は11月3日まで
二人の作品をモチーフにしたランチはレストランアレイ


nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お宿の朝ごはん [おいしくって幸せ]

S__40902671.jpg


私の住んでいる逗子、葉山、鎌倉地区には、昔から多くの保養所があり、よく手入れされた大きなお庭がとても
素敵だったのですが、最近は不況や、維持費が大変なことから、数がとても減ってきて、分譲住宅などになって
切り売りされてきて少し残念。

その中でも、この辺りでは最後といっていいようなとても古い国家公務員の共済組合の松汀園という保養所が
我が家から歩いて7,8分のところにあります。

Collage 2020-08-12 09_47_43.jpg


1360坪のお庭に平屋の150坪のレトロな建物。
大正12年に建てられた、昔懐かしい趣の旅館です。

私は一度だけお友達6人とお部屋を借りてお食事をした
ことがあるのですけれど、今回コロナの影響もあって
旅館のスタッフたちが、アイディアを出し合い
素敵なお気楽なプランを作ったようなので、夫と
早速行ってみました。

お宿の朝ごはんプラン
なんだか楽しそうでしょう?

我が家の朝食は、いつもほぼ果物野菜のスムージーと
コーヒーとたまにチーズスクランブルやら、ハムエッグやら食べるくらいで、洋食一辺倒。

旅行に行ったときは夫は和食の朝食をとても楽しみに
していて、これが近くで味わえるなんて楽しいじゃない
とちょっとワクワクして出かけました。

これは予約が必要なので、3日前からお願いいたしました
窓側は、お泊りしている方優先なので、もしかしたら
とれないかも、と言われましたが、どこでも大丈夫です。

きちっと受付で名簿を記入し、消毒をすませてから
食堂に向かいます
ディスタンスもきちんととってくださってます

結構いろいろありまして、ごはんやおかゆ、お味噌汁は
おかわり自由ですよ~
それから、自家製ヨーグルト、コーヒー、野菜ジュース
お茶なども飲み放題

夫結局、ごはん3杯、私はごはん一杯とおかゆを
いただき、満足な朝ごはんになりました。

Collage 2020-08-12 09_59_37.jpg


近くでこんなのもありですね
で、お値段・・・なんと税込み一人800円(笑)
夫がおごってやるよって(笑)

朝、7時半から9時までが朝食
10時からは松の庭&縁側カフェが4時まで
夕方からのチョイ飲み、ご近所縁側バルは
4時から8時まで
生ビールとおつまみ3品で税込み1000円ですって。

近くで楽しめる場所これからも見つけていきます^^

今日も暑かった[あせあせ(飛び散る汗)]
しっかりお部屋冷やして,でも身体は冷やしすぎず
気を付けて夏とコロナ危機を乗り切ってくださいね^^

一枚目の写真はホームページからお借りいたしました
nice!(3) 

こんな時にこそ読んでほしいおすすめ本…西の魔女が死んだ [本]

S__40157205.jpg


どうして今まで気になりながら読まなかったのだろう
でも、この時期に出会ったからこそ逆に胸に染み入るような気がするそんな
一冊を見つけました。

ずいぶん前に映画にもなったこの本。
子供向けかなとその時思ってしまったのか、どうしてか距離を置いていた一冊を
図書館で偶然手に取りました。

西の魔女が死んだ。
こんな言葉から始まるこの本は、思春期真っただ中で登校拒否になった女の子が
数週間、おばあちゃんの家で過ごすことになるお話。

中学生の課題図書といわれるだけあって、読みやすく、そして
自然にすっと胸に響く優しい文章。
そしてこの西の魔女と呼ばれるおばあちゃんから紡ぎだされる言葉の魅力的なこと。

おばあちゃんは、まい(主人公の女の子)に対してとても丁寧に大人相手のように
話をする
これは、おばあちゃんがイギリス人であることで、丁寧な言葉をおぼえているからか
あちらの人らしく、小さな孫でも一人前の人として扱うということが徹底しているからか
わかりませんが、これがとても心地よい。

人とうまくやっていけない、というこの女の子に対するおばあちゃんの言葉に
私たちも、学ぶことがいっぱい。
それは、とても基本的なことであるけれど、人が生きていく上に一番大事なこと。

自分が楽に生きられる場所を求めたからと言って、後ろめたく思う必要は
ありませんよ
サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。
シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからと言って、誰がシロクマを
責めますか

悪魔を防ぐためにも、魔女になるためにも、一番大切なのは意志の力。
自分で決める力。自分で決めたことをやり遂げる力です

この世は魂の成長の場
そのためには、感謝の気持ちを持ち、他の人を尊重し、信頼する
公平、平等な人間関係を築き、自然や動物、植物、物、与えられた時間を
大切にする…そういう人として生きるのに一番大事なことをまいに
日々の生活の中で伝えようとする。

こうして自然の中でおばあちゃんと過ごすうちにまいの心は次第に強くなっていく。

おばあちゃんは、いつも自分がその時やるべきことがわかっている
庭の雑草のように確かな日々を暮らしている

この本の中には、生きる希望もあるけれど、死のことを考えさせることも
忘れない。
良く死ぬことは、よく生きること。
お話はまるでメルヘンのようにきれいな世界なのに、いつも死の影はつきまとう。
それなのに、悲しいだけではなく、あたたかい。
字で書けば愛しいとかいてカナシイと読む感じでしょうか。


西の国から来た魔女は、私にベニシアさんを思い出させる
この頃、目も悪く、物忘れも激しくなってきたというベニシアさん。
生まれた国を離れ、でもそこにしっかり根を下ろし、今は体が弱ってしまっても
確実にこの国や私たちの心に何かを残した姿に重なります。

とても短いお話ですから、数時間で読んでしまえますが
心に残る名作。
映画で撮ってた家が清里で数年公開されていたそうですが、きっと今は
取り壊されているでしょう
映画見ればよかった。写真で見る家は、私が暮らしてみたいイメージピッタリのお家でした。
平屋だったらパーフェクトね。

本の中に、銀龍草や朴ノ木、ハシバミの木、野イチゴの畑など、自然がたくさん
美しく表現されていて読んでいるときにイメージが膨らみます。
逆に映画を見ていないから想像力が膨らむかも(笑)

おばあちゃん、大好き。この言葉ほんとに、世界で一番言われて嬉しい言葉です^^
胸がきゅんとして思わず涙ぐむ
おじいちゃんからのプレゼントの場面も愛おしいよ
沢山の人が読んだみたいで、この図書館の本、よれよれ。人気ですね^^









nice!(3) 
前の10件 | -